大和建設は2030年に向けて

世界が合意した「持続可能な開発目標」

SDGsに取り組んでいます。

"SDGs" について

 "SDGs"(エスディージーズ)とは、

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGsの後継として、20159月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

大和建設の "SDGs" の取り組み

・完全分煙化 ・従業員に対する健康診断の実施 ・マスク、消毒剤などの常時備蓄により感染症に対処

・育児休暇制度の導入 ・産前産後休暇 ・時間短縮業務の実施


・会社負担での資格取得 ・定期的なミーティング ・インターンシップの実施


・週休二日制の導入 ・週の中間を早く帰ろうDAYにする
・休憩中の電気消灯 ・トイレの電気を人感センサーにして消し忘れを防止 ・裏紙の使用
・公共工事の受注に携わり、下水道工事やネプラス工法、道路工事などさまざまなインフラ建設事業を通じて社会貢献
お気軽にお問合せ下さい
ネプラス全国会サイト
ネプラス全国会サイト
NETISネプラス
大和建設公式facebook